logo Wise People Choose Yama´s Herbs.
Menstrual Related_japanese


【 あなたの症状ををクリックしてください 】  貧血 / 喘息・アレルギー / 慢性疲労 / かぜとインフルエンザ / 便秘 / 糖尿病 /
下痢 / 食あたり / 胆石 / 胃潰瘍 / 頭痛 / / 高血圧 / 低血圧 / 消化不良 / 不妊症 / 腎石・膀胱石 / 性欲低下 / 腰痛 /
男性機能低下 / 更年期障害 / 生理不順 / 精神不安定 / 肥満 / 肌の悩み / 眠りの悩み / ストレス / 毒素のたまった体


Menstrual Related 生理不順

生理不順は、西洋医学的にみると、卵巣の機能に問題がある場合は脳下垂体、視床下部、甲状腺の働きの異常により起きるとされています。
また、ホルモンのバランス異常に起因する場合は、生理痛やPMSでの精神不安定、イライラを引き起こすと言われています。

漢方学では、生理不順は、肝臓の経絡の気の流れと深く関係していると考えられています。肝臓の気は、全身の気の流れを調整する大切な役目があります。肝臓の気が詰まると、全身の気の流れが悪くなり、だるさや、生理痛などを引き起こします。また肝臓と、脾臓の間に不和が発生し、肝経の熱が生じ、その熱が身体の上部にのぼることにより、のぼせ、イライラなどが起こります。漢方学的治療では、肝機の調整に重点を置き、全身の気機のバランスを取り戻します。

 

   Menstrual Tea

       Symptoms:
       -生理不順
       -PMS(月経前症候群)
       -生理痛
       -子宮内膜症


  


  

 

効果のある漢方:
生理痛は女性では誰でも経験のある痛みでしょう。生理の痛みを鎮痛剤に頼っていませんか?生理痛の場合、漢方学的には二つの捕らえ方があります。ひとつは血行不良と感情の乱れによって流れが悪くなっている状態を指します。これを「通じざれば、すなわち痛し」(=不通則痛)と呼びます。もうひとつは、血液やエネルギーの不足により栄養分がすみずみまでいきわたらない状態を言い、「栄えざれば、すなわち痛し」(=不栄則痛)と言い、分けて考えています。わかりやすくいうと前者と「滞りがある」、後者を「不足がある」と考えてもいいのですが、これらの状態を両方うまくコントロールするのがこの漢方薬です。


漢方学的説明:

当帰と芍薬で補血をし、血液・エネルギー不足の状態を正常に戻します。補血すると同時に肝気を鎮め、乗脾しないよう、茯苓と白朮で整えます。桂枝で血脈を湿通し、お血・水湿を取り除くことで全体的に痛みが緩和されます。