logo Wise People Choose Yama´s Herbs.
Food Poisoning_japanese


【 あなたの症状ををクリックしてください 】  貧血 / 喘息・アレルギー / 慢性疲労 / かぜとインフルエンザ / 便秘 / 糖尿病 /
下痢 / 食あたり / 胆石 / 胃潰瘍 / 頭痛 / / 高血圧 / 低血圧 / 消化不良 / 不妊症 / 腎石・膀胱石 / 性欲低下 / 腰痛 /
男性機能低下 / 更年期障害 / 生理不順 / 精神不安定 / 肥満 / 肌の悩み / 眠りの悩み / ストレス / 毒素のたまった体


Food Poisoning 食あたり

食あたりは汚染された食べ物の中に入った有機体や毒を食べることにより起こるものです。食あたりのほとんどのケースはブドウ球菌や大腸菌のような細菌によるものです。食あたりはよくあることですが、アメリカそして世界中で何百万という人々に悲惨で、ときに生命を脅かすような症状を引き起こします。食物によって運ばれる有機体によって感染した人々の中には、症状がでないこともありますし、腸の不快感、激しい脱水症状、血の混じった下痢等の症状を出すこともあります。しかしながら、食あたりの症状は汚染された菌のタイプと食べた量によって変わることを覚えておく必要があります。症状は30分ほどで急に進行することもあれば、数日から数週間の間に徐々に進行していくこともあります。

漢方学では、黄耆 を使い、おなかの中の腐った物質を取り除き、めまいや吐き気をやわらげます。桂皮や半夏 はおなかや脾臓の中の気の流れを向上させ痰をとかします。黄連根は体内の熱を下げ、毒を体の外に出します。生姜はおなかと脾臓の気の働きを向上させます。

 

   Anti-Food Poisoning Tea 

       主な症状:
       -嘔吐
       -吐き気
       -腹痛
       -下痢


  


  

 

漢方学的説明:
食あたりは食中毒の場合が多い。黄蓮を使うことで清熱解毒に効き目がある。霍香・紫苏を使うことで腐っているものを取り除き、嘔吐を止める。陳皮・半夏により痰をとかし理気し、さらに生姜を使うことで胃と脾の動きをよくする。